• Integrated Lights-Outテクノロジー: HP ProLiantサーバーの

Sponsored Links

  •   
  • FileName: iLO_Technology.pdf [preview-online]
    • Abstract: Integrated Lights-Outテクノロジー: HP ProLiantサーバーの管理性を強化技術概要 第7版要旨........................................................................................................................................................... 3

Download the ebook

Integrated Lights-Outテクノロジー: HP ProLiantサーバーの
管理性を強化
技術概要 第7版
要旨........................................................................................................................................................... 3
はじめに ..................................................................................................................................................... 3
命名規則および機能 ..................................................................................................................................... 3
Integrated Lights-Outアーキテクチャー ............................................................................................................. 4
ファームウェアのレベルおよびアップグレード ................................................................................................. 4
管理プロセッサーの概要 ............................................................................................................................ 5
Integrated Lights-Outテクノロジー .................................................................................................................... 7
リモートコンソールテクノロジー .................................................................................................................... 7
第1世代のiLOによるテキストベースのリモートコンソール ............................................................................. 7
iLO 2によるテキストベースのリモートコンソール ......................................................................................... 7
仮想シリアルポート/リモートシリアルコンソール ......................................................................................... 8
内蔵リモートコンソール .......................................................................................................................... 9
コンソールキャプチャーおよび再生 ........................................................................................................... 9
共有リモートコンソール ........................................................................................................................ 10
ターミナルサービス ............................................................................................................................. 11
仮想メディア .......................................................................................................................................... 11
仮想フォルダー ...................................................................................................................................... 12
Webベースまたはスクリプト化可能な仮想メディア ........................................................................................ 12
電源管理機能 ............................................................................................................................................ 13
仮想電源制御 ........................................................................................................................................ 13
サーバー電源の管理............................................................................................................................... 13
HPパワーレギュレーター ...................................................................................................................... 13
電力メーター ...................................................................................................................................... 14
HPパワーキャッピング(消費電力上限)機能............................................................................................. 14
HPダイナミックパワーキャピング(動的消費電力上限)テクノロジー............................................................... 15
センサーおよびファン制御 ........................................................................................................................ 16
セキュリティ ............................................................................................................................................... 16
認可および認証 ..................................................................................................................................... 17
Two-Factor認証 .................................................................................................................................. 17
ディレクトリサービス ............................................................................................................................ 17
データの暗号化 ...................................................................................................................................... 18
SSL証明書のインポート ........................................................................................................................ 18
データの整合性 ...................................................................................................................................... 18
失敗したログイン試行のイベント生成 ......................................................................................................... 19
他の管理ツールとの統合 ............................................................................................................................. 19
HP Systems Insight Manager.................................................................................................................... 19
SNMP .............................................................................................................................................. 19
管理プロセッサーの検出 ...................................................................................................................... 19
電源モニター...................................................................................................................................... 20
HP SIMからiLOへのシングルサインオン .................................................................................................. 20
デプロイメントツールとの統合 ................................................................................................................... 20
標準ベースの管理 .................................................................................................................................. 21
iLOへのアクセスおよび設定 ......................................................................................................................... 21
iLOへのアクセス方法 .............................................................................................................................. 21
iLOの設定 ............................................................................................................................................. 22
結論......................................................................................................................................................... 22
関連情報 .................................................................................................................................................. 23
ご意見をお寄せください ............................................................................................................................... 24
要旨
HP Integrated Lights-Outは、一部のHP ProLiantおよびBladeSystemサーバープラットフォームに搭載される自立型
の管理サブシステムです。このサブシステムにより、システム管理者は、サーバーの状態や設置場所に関係なく、
サーバーを安全にリモート管理できます。本書では、このIntegrated Lights-Outプロセッサーのアーキテクチャーに
ついて説明します。また、包括的なリモート管理機能を提供する主要なテクノロジーについても説明します。
HPのWebサイトhttp://www.hp.com/servers/technology(英語)では、Integrated Lights-Outテクノロジーに関す
るその他の資料も提供されています。Integrated Lights-Outに関するWebページとその他の関連資料の参照先に
ついては、本書の「関連情報」の項を参照してください。
はじめに
ビジネスのグローバル化が急激に進み、業界標準サーバーが急増したことにより、サーバーをローカルで管理するこ
とは現実的ではなくなってきました。特に企業のデータセンターにおいては、ITの効率性と応答性に対する要求の増
大に応じるために、リモート管理が必要不可欠なものとなっています。Integrated Lights-Out(iLO)テクノロジーは、IT管
理者がHP ProLiantサーバーおよびBladeSystemサーバーをリモート管理できる、ハードウェアベースのシステム管理
機能を提供します。
iLOはサーバープラットフォームに統合されるため、オペレーティングシステム(OS)やホストサーバーの状態に関
係なく、アラート、サーバーステータス、電源情報、およびリモート制御を提供できます。管理者は、HP ProLiant
サーバーおよびBladeSystemサーバーのライフサイクル全体(初期配備、運用、および再配備)を通じて、これらの
サーバーをリモート管理できます。ソフトウェアやファームウェアはネットワーク経由で更新でき、OSやサーバーの
問題はリモートで診断できます。これらのiLOのテクノロジーは、サーバーへのアクセスと管理に関する複数の選択
肢を管理者に提供します。
命名規則および機能
Integrated Lights-Out 2(iLO 2)は、HPのLights-Out管理のための製品系列における第4世代の製品で、実績のあ
る第1世代のiLO管理プロセッサーがベースになっています。本書では、「iLO」という表記は、第1世代のiLOとiLO
2の両方の製品で利用できる一般的なテクノロジーや機能を指します。「第1世代のiLO」または「iLO 2」という表記
は、機能がその製品のみに備わっていることを示します。
本書では、iLOアーキテクチャーでサポートされる機能について説明します。iLOアーキテクチャーでサポートされる
一部の機能は、iLO Advanced for BladeSystemまたはiLO Advancedのライセンスキーが必要となります。それぞ
れのライセンスオプションでサポートされる機能については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/servers/ilo
(英語)を参照してください。
3
Integrated Lights-Outアーキテクチャー
iLOアーキテクチャーは、独立したファームウェアベースのオペレーティング環境と管理プロセッサーで構成されま
す。管理プロセッサーはシステムボードに搭載され、補助電源を使用して、ホストプロセッサーおよびOSとは独立
して動作します。この独立性により、iLOは次の特性を持ちます。
 ホストサーバーの電源に依存しないため、サーバーのシャットダウン時や再起動時に完全に動作できます。
 ホストプロセッサーに依存せずに動作し、ホストプロセッサーの処理サイクルを消費しません。
 サーバーハードウェアから自立しているので、サーバーハードウェアで発生した問題は、iLOプロセッサーから分
離されます。
 OSからの補助を必要とせずに、帯域外管理に利用できます。
ファームウェアのレベルおよびアップグレード
ファームウェアは、ライセンスキーによって有効化されているレベルに応じて、StandardとAdvancedの2つのレベ
ルの機能を提供します。
iLO Standard機能には、ホストサーバーの電源のリモートでの投入/切断、サーバーのステータスや診断(インテ
グレーテッドマネジメントログなど)へのアクセス、システムアラート(SNMPトラップなど)へのアクセスといった基本
的なシステム管理機能が含まれます。ProLiant BLサーバーはリモートから管理されるように設計されているため、
iLO Standard Blade Editionは、ヘッドレス環境に不可欠な追加の管理機能とLights-Out制御機能を提供します。
iLO Advanced for BladeSystemは、HP BladeSystemやLinux®ネットワークなどの一部の環境向けの製品です。
iLO Advanced for BladeSystemは、仮想電力制御、仮想メディア、追加の複雑なセキュリティ機能といった、より高
度な機能をサポートします。この製品は、ProLiant BLベース環境向けの一連のリモート管理機能をすべてアクティ
ブにします。これに対して、iLO Advanced Packは、ProLiant ML、DL、SLベース環境向けの一連のリモート管理機
能をすべて提供します。
HPはLights-Outのファームウェアを継続的にアップグレードして機能を追加していますが、機種によってサーバー
の拡張性は異るため、管理者の方はHPのWebサイトhttp://www.hp.com/servers/ilo(英語)を参照して詳細情
報を確認してください。詳細情報は、iLOまたはiLO 2プロセッサーにログインし、ライセンスページに移動して、
[Help]ボタンを選択することでも確認できます。
iLOのファームウェアレベルに関係なく、管理者は、管理プロセッサーのフラッシュROMを利用してファームウェアを
アップグレードできます。最新バージョンのファームウェアについては、iLOのユーザーガイドを参照してください。本
書で説明する機能には、原則として、そのファームウェアバージョンが必要です。ファームウェアには複数の更新方
法があり、管理者は、データセンター環境に最適な方法を選択できます。管理者は、HPのWebサイトから最新
バージョンのファームウェアを入手した後に、次のいずれかのリソースを使用してフラッシュROMを更新できます。
 iLOのWebページ
 オペレーティングシステムのオンラインROMフラッシュコンポーネント
 ファームウェアアップデートCDなどのブート可能なCD-ROM
 ネットワーク経由の、またはホストOSの、RIBCL/HPONCFG/CPQLOCFG1などのスクリプティングツール
 Telnet/SSH経由のコマンドラインインターフェイス
ファームウェアアップデートには下位互換性があり、最新バージョンのファームウェアは、互換iLOプロセッサーを搭
載する古いプラットフォームをサポートします。また、アップデートには機能拡張やバグ修正が含まれています。
1
HPのWebサイトhttp://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/382328-196-j.pdfにある『HP Integrated Lights-Out
マネジメント プロセッサ スクリプティング/コマンド ライン リソース ガイド』を参照してください。
4
管理プロセッサーの概要
図1に示すように、iLO 2管理プロセッサーには、次のチップアーキテクチャーが含まれています。
 個別の命令セットと内蔵データキャッシュを持つ66MHzのRISCプロセッサーコア
 メモリコントローラー
 4MBのフラッシュROM
 16MBのメモリ(SDRAM)
 24MHzのデジタル ビデオ リダイレクション エンジン
 専用またはホストNICと共有の10/100 Mbps NIC
第1世代のiLOプロセッサーと同様に、iLO 2は、32ビットのPCIベースプロセッサーです。iLO 2の機能強化には、メ
モリ容量の増加と新しいデジタルビデオリダイレクション(DVR)エンジンが含まれます。以下の段落で説明する事
柄は、第1世代のiLOとiLO 2の両方のデバイスに当てはまります。
NICおよび関連するRJ-45管理(Mgmt)ポートは、ホストサーバーによって提供される10/100/1000 Ethernetイン
ターフェイスとは独立しています。
図1. HP iLO 2管理プロセッサーの構成を示すブロック図。iLO 2管理プロセッサーはiLOプロセッサーがベースとなっていますが、
メモリ容量の増加やデジタルビデオリダイレクションの更新など、機能が拡張されています。
RJ-45 Ethernet
管理ポート
5
一部のサーバーは、共有ネットワークポート(SNP)を提供します。SNPを使用すると、管理プロセッサー用に2つ目
のポートを確保しなくても、1つのネットワークポートを経由してiLOとホストサーバーの両方へのネットワークアクセ
スが可能になります(図2を参照)。SNPにより、HP ProLiantサーバーは、より尐数のポートで最大限のパフォーマ
ンスを発揮できるようになり、ポート使用に関する重複するコストを削減できます。SNPを使用することで、いずれか
のNICインターフェイス上のサイドバンド接続を使用してiLOネットワークトラフィックをルーティングできます。iLOト
ラフィックはサーバーOSトラフィックとポートを共有しますが、iLOとサーバーNICの両方が独自のメディアアクセス
制御(MAC)アドレスを持ちます。個別のMACアドレスを持つことにより、iLOとサーバーは個別のインターネットプ
ロトコル(IP)アドレスを持つことができます。セキュリティの強化とネットワークの統合のために、管理者は、管理可
能なネットワークスイッチによるオプションの仮想LAN(VLAN)タギングを使用して、iLOとホストのトラフィックを分
離して、ホストトラフィックと管理トラフィックのための個別の論理ネットワークを作成することができます。また、SNP
を使用することにより、企業とiLOの両方のネットワークトラフィックがシステムNICを通じて行われるため、ハード
ウェアの設置が容易になり、全体的なハードウェアコストが削減されます。
図2.システム管理トラフィックに使用可能な3つのポート構成
iLOプロセッサーは、ホストサーバーを監視および制御するロジック機能を提供します。このロジックは、Automatic
Server Recovery-2(自動サーバー復旧-2:ASR-2)を実装します。ASR-2は、復旧可能な問題が発生すると、目前
に迫った障害発生の前にサーバーを自動的に再起動します。追加の監視機能および制御機能は、長い期間をか
けて拡張されてきました。システム内蔵型のヘルス監視機能をサポートするサーバーの場合、iLO 2プロセッサー
は、ファン、パワーサプライ、および温度を監視することができます。Lights-Outプロセッサーによって提供されるセ
ンサーおよび温度情報については、各サーバーのマニュアルを参照してください。
ホストファイアウォールおよびブリッジロジックにより、内蔵プロセッサーが、ホストサーバーと管理コンソールの間の
情報の流れを制御できるようになっています。これにより、システムPCIインターフェイスを介した不正アクセスを防止
することができ、メモリやファームウェアに保存されている可能性のある機密情報が保護されます。ホストファイア
ウ ォ ー ル お よ び ブ リ ッ ジ ロ ジ ッ ク に つ い て 詳 し く は 、 HP の Web サ イ ト http://bizsupport1.austin.hp.com/
bc/docs/support/SupportManual/c00212796/c00212796.pdf(英語)にある技術概要『HP Integrated Lights-Out
security』を参照してください。
基本的に、ホストの電源と障害の分離ロジックにより、管理プロセッサーは、2つの個別領域に分割されます。一方
は通常のホストシステム電源で動作する領域で、もう一方はサーバーの補助電源プレーンに接続される領域です。
ホストサーバーの電源が切断されているときも、iLOがホストプロセッサーと通信する部分は分離されていますが、
iLOプロセッサーは動作しつづけます。ホストサーバーがリダンダントパワーサプライを装備している場合は、1台
のパワーサプライに障害が発生しても、電源のリダンダント機能によってiLOプロセッサーとホストプロセッサーの
両方が保護されます。
6
ホストの電源と障害の分離ロジックは、システム電源障害やPCIバス障害などの予期しない状態が発生していない
か、ホストシステムを監視します。iLO管理プロセッサーは、電源障害を記録し、補助電源で正常に動作して、Web
ブラウザーアクセス、アラート、イベントログへのアクセスなどの主要な機能を提供します。ホストの電源と障害の
分離ロジックにより、管理プロセッサーまたはホストプロセッサーは互いに依存することなくリセットできます。サー
バーのリセットはiLOプロセッサーに影響を与えません。これによって、管理者は、中断せずにサーバーにアクセス
できるため、ホストサーバーをリセットしたり、ホストサーバーに影響を与えたりすることなく、iLOのファームウェアを
アップグレードできます。
Integrated Lights-Outテクノロジー
iLOの主要なテクノロジーであるリモートコンソール、仮想メディア、仮想電源、仮想シリアルポートなどにより、シス
テム管理者は、iLO管理対象サーバーを遠隔地から効率的に制御できます。管理者は、どこからでも、新しいサー
バーを配備し、パッチやホットフィックスをインストールし、定期メンテナンスを実行し、プラットフォームの問題をトラ
ブルシューティングすることができます。
リモートコンソールテクノロジー
iLOプロセッサーを使用する重要な利点に、リモートコンソールテクノロジーを使用してホストサーバーにフルアクセ
スできることがあります。リモートコンソールテクノロジーにより、システム管理者は、OSがインストールされる前で
あっても、OSが正常に動作していない場合でも、いつでも管理対象サーバーにアクセスできます。たとえば、管理
クライアントにホストサーバーのコンソールを表示できるので、管理者は、起動プロセス全体をリモートで確認でき
ます。
リモートコンソールテクノロジーには、テキストベースのコンソール、Javaベースのグラフィカルコンソール、および
Microsoft® ActiveX™ベースのグラフィカルコンソールが含まれます。第1世代のiLOとiLO 2では、テキストベース
のデータとグラフィカルデータのキャプチャー方法が異なります。このため、以下の項で、それぞれの方法について
説明します。リモートコンソールテクノロジーには、他にも、画面のキャプチャー機能および再生機能、共有リモート
コンソール、ターミナルサービス統合などがあります。
第1世代のiLOによるテキストベースのリモートコンソール
第1世代のiLOプロセッサーは、テキストベースのリモートコンソールをサポートします。iLOは、PCIバスを通じて画
面フレームバッファーを監視します。テキスト情報の変更を検出すると、iLOは、データ(画面位置情報を含む)を
キャプチャーし、暗号化して、テキストベースのクライアントアプリケーションに送信します。この方法の長所は、標
準のテキストベースクライアントとの互換性、優れたパフォーマンス、およびシンプルさです。短所は、非ASCII情報
またはグラフィカル情報を表示できないこと、画面位置情報(表示された文字)が正常に送信されない可能性があ
ることなどです。
システム管理者は、テキストベースのリモートコンソールを使用して、管理対象サーバーを表示し、POST実行時に
オプションROMセットアップメニューを操作することができます。ProLiant ML、DL、SLサーバーの場合、管理者が
OSのロードおよびグラフィカルモードへの移行後にリモートコンソールにアクセスするには、ライセンスキーが必要
です。
iLO 2によるテキストベースのリモートコンソール
iLO 2管理プロセッサーは、ビデオアダプターのデジタルビデオ出力(DVO)ポートを使用するDVRエンジンを備え
ており、ビデオ出力に直接アクセスして、ハイパフォーマンスのビデオ監視を実現できます。この方法により、iLO 2
のグラフィカルコンソールのパフォーマンスは大幅に向上します。ただし、利用できるデジタルビデオストリームは、
グラフィカルデータ(ピクセル)を表します。このため、本物のテキストベース(ASCII文字)コンソールは提供されま
せん。このビデオデ―タは、TelnetクライアントまたはSSH(Secure Shell)クライアントなどのテキストベースのアプリ
ケーションでは表示できません。
サーバー起動プロセス中のテキストのリダイレクションは、iLO 2システムのiLO Standard機能として、POSTの終
了まで利用できます。POST終了後のiLO 2によるテキストまたはグラフィックスのリダイレクションには、ProLiant
ML、DL、SLシステムの場合はiLO Advancedライセンスが必要ですが、ProLiant BLシステムの場合はこの機能が
iLO Blade Standardパッケージに付属しています。
7
管理者は、iLO 2ファームウェアのリモートシリアルコンソールを使用してiLO仮想シリアルポートにアクセスできま
す。POST実行時およびOS動作時のテキストコンソールアクセスには、iLO仮想シリアルポートを使用できます。
iLOプロセッサーは、サーバーのマザーボード上の物理シリアルポートを置き換えることができるハードウェアを備
えており、iLOファームウェアはサーバーのシリアルポートに接続するJavaアプレットを提供します。ホストサーバー
でシリアルリダイレクション機能が有効になっている場合、iLOは、シリアルポートから受信したデータを傍受し、暗
号化して、リモート シリアル コンソール アプレットまたはTelnetクライアントやSSHクライアントなどの別のアプリ
ケーションに送信します。iLO 2リモート シリアル コンソール アプレットはテキストベースのコンソールとして表示さ
れますが、その情報はグラフィカルビデオデータを使用して表示されます。
iLO 2リモートシリアルコンソールへのアクセスは標準機能であり、ライセンスキーは不要です。
仮想シリアルポート/リモートシリアルコンソール
Microsoft® Windows® Server 2008やLinuxなどの一部のオペレーティングシステムは、ホストサーバーのシリア
ルポートからサーバーへのテキストベースのアクセスを提供します。管理者は、端末をホストサーバーのシリアル
ポートに接続して、基本的な管理タスクを実行できます。たとえば、この機能が有効になっている場合、実行中のプ
ロセスがWindows EMSコンソールに表示され、管理者はそれらのプロセスを停止することができます。この機能
は、ビデオ、デバイスドライバー、またはその他のOS機能が通常の操作を受け付けず、通常の修復処置を実行で
きない場合に重要になることがあります。
iLO仮想シリアルポートを使用することで、ネットワーク経由でWindows EMSなどのコンソールアプリケーションに
リモートアクセスできます。前の項で説明したように、iLO管理プロセッサーは、標準シリアルポート(16550 UART)
レジスタセットと同等の機能を備えており、iLOファームウェアはシリアルポートに接続するJavaアプレットを提供し
ます。ホストサーバーでシリアルリダイレクション機能が有効になっている場合 2、iLOは、シリアルポートから受信し
たデータをインターセプトし、暗号化して、WebブラウザーアプレットやTelnetアプリケーションに送信します。
Linuxを使用している場合、iLO仮想シリアルポート機能は、Linuxサーバーにリモートアクセスするための重要な機
能を提供します。管理者は、シリアルポート上にLinuxログインプロセスを設定し、iLO仮想シリアルポートを使用し
て、管理ネットワーク経由でLinuxオペレーティングシステムにリモートログインできます。
仮 想 シ リ ア ル ポ ー ト の 使 用 に つ い て 詳 し く は 、 HP の Web サ イ ト http://h20000.www2.hp.com/bc/docs/
support/SupportManual/c00263709/c00263709.pdf(英語)にある『Integrated Lights-Out Virtual Serial Port
configuration and operation』というタイトルの資料を参照してください。
デジタルビデオリダイレクション(DVR)エンジンの動作
第1世代のiLOプロセッサーは、PCIバスを監視してビデオコントローラーに送信されるデータを受信し、管理コン
ソールビデオを取得していました。インバンドビデオ監視はシンプルでコスト効率がよく、緊急時の、または一時的
な管理コンソール操作に適しています。管理者が緊急時の管理だけでなく日常的な操作にもiLOリモートコンソー
ルを使用するようになると、ビデオ監視機能の強化が必要とされるようになってきました。iLO 2管理プロセッサー
は、DVRエンジンを使用してビデオをキャプチャーします。DVRエンジンは、ホストビデオコントローラー(PCIバスで
はなく)のデジタルビデオ出力(DVO)を監視するビデオキャプチャーバッファー(図3)を備えています。DVRエンジ
ンは、画面イメージを一度に1ストライプずつキャプチャーします。
2
Linuxユーザーは、シリアルポート(TTYS0)へのログインシェルをセットアップし、rootアクセスを許可するようにホストサーバーを設定する必要もあ
ります。
8
図3. iLO 2デジタルビデオリダイレクション(DVR)エンジンの動作の概要
エンコードプロセスでは、効率的なビデオ圧縮のために、変更/非変更データ、反復/交代などのビデオ特性が利
用されます。ビデオは、ネットワーク経由でリモートコンソールに送信される前に、暗号化され、パケット化されます。
クライアントのJavaアプリケーションまたはActiveXアプリケーションは、データをデコードして表示します。ビデオ処
理の大半が管理プロセッサーから取り除かれるため、全体的なパフォーマンスが大幅に改善されます。監視対象
ビデオのビデオ更新間隔は、以前のiLOの平均毎秒0.32フレームから毎秒6フレーム以上に向上します。動作帯
域幅のボトルネックは削減され、クライアントシステムはリモートコンソールとして動作します。
ほぼすべてのタイプのブラウザーがJavaベースのリモートコンソールアプレットをサポートしています。HPでは、こ
の機能を仮想グラフィックコンソールと呼んでいます。ハイパフォーマンスのDVRエンジンにより、管理者は、iLO
DVRによって実現されるリモートコンソール操作を利用できます。これにより、KVM over IPソリューションと関連
ハードウェアが不要になります。
内蔵リモートコンソール
iLO 2の内蔵リモートコンソールは、iLOのリモート制御機能(仮想グラフィックコンソールとサーバーの電源制御お
よび仮想メディア)を単一のユ―ザーインターフェイスに統合します。内蔵リモートコンソールは、グラフィカルリモー
トコンソールにActiveXクライアントアプリケーションを使用します。仮想グラフィックコンソールアプリケーションが
Java仮想マシンで解釈モードを実行しなければならないのに対して、ActiveXクライアントはWindows環境でのネイ
ティブ動作を提供します。このため、内蔵リモートコンソールは、Javaベースのリモートコンソールよりも優れたパ
フォーマンスを実現できます。管理者がどちらのコンソールを使用する場合でも、DVRエンジンの動作は同じです。
内蔵リモートコンソールでは、コンソールキャプチャー/再生、共有リモートコンソール、仮想フォルダーなど、その
他のiLO 2の機能も利用できます。
コンソールキャプチャーおよび再生
コンソールキャプチャーを使用すると、管理者は、最後の起動シーケンス、ASR-2イベント、OS障害などのイベント
のビデオストリームを記録して再生することができます。管理者は、ビデオキャプチャーを手動で開始および停止で
きるため、管理者がリモートコンソールを使用して実行するすべての操作を記録することができます。
9
iLO 2プロセッサーは、キャプチャーされたビデオデータを、起動シーケンス用とASR-2およびOS障害用の内部バッ
ファー領域に保存します。追加の設定により、iLO 2は、バッファーに空き容量がなくなった後にキャプチャーされた
データを外部ファイルにエクスポートすることができます。外部ファイルは、ネットワーク上のWebサーバーに保存
されます。iLO 2プロセッサーは、容量を利用できるかぎり、再起動やOS障害のたびに、キャプチャーされたファイ
ルを指定されたWebサーバーにエクスポートしつづけます。これらのファイル(各ファイルは通常2~3MB)には、タ
イムスタンプと、内容データのタイプを示すインジケーターが含まれています。管理者が手動でキャプチャー機能を
実行すると、データはクライアントマシンに保存されます。この方法で作成されるファイルのサイズには制限があり
ません。
管理者は、エクスポートしたビデオキャプチャーファイルを内蔵リモートコンソールアプリケーションで表示できます
が、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/support/ilo2(英語)からダウンロードできるHP iLO Video Playerと呼
ばれるWindows用のスタンドアロンツールでも表示できます。
共有リモートコンソール
iLO 2は、最大4人のユーザー(セッションリーダーを含む)によるリモートコンソールセッションの共有をサポートし
ます。リモートコンソールセッションを開始する管理者が通常通りにホストサーバーに接続すると、セッションリー
ダーに指定されます。別の管理者が2番目のリモートコンソールセッションによってiLO 2プロセッサーに接続しよう
とすると、iLO 2プロセッサーは、セッションリーダーのコンピューターのIPアドレスを新しいクライアントセッションに
返します。このため、図4に示すように、後続の共有リモートコンソールは、ピアツーピア構成のサテライトクライア
ントになります。
図4.ホストサーバーとリモート サーバー コンソール セッション。共有リモートコンソールセッションの最初のユーザーはセッション
リーダーになり、最大3人の他のユーザーがピアツーピア構成のサテライトクライアントになります。
各サテライトクライアントのリクエストについては、セッションリーダーのデスクトップにポップアップウィンドウが表示
され、リクエスト発行者のユーザー名とDNS名(利用可能な場合)またはIPアドレスが示されます。すべてのコン
ソールセッションは、まず、クライアント認証を通じて暗号化され、次に、リモートコンソールセッションへの新しい接
続を許可するかどうかをセッションリーダーが決定します。セッションリーダーは、リモートコンソールセッションを制
御します。セッションリーダーがセッショ


Use: 0.6211